エンタメ

バンドー太郎が闇営業の仲介者で謝罪!口コミは?スリムクラブ・2700

バンドー太郎が闇営業の仲介者で謝罪!口コミは?スリムクラブ・2700

ものまねタレントのバンドー太郎がスリムクラブと2700に闇営業の仲介をしていたことが話題となり、30日に謝罪をしました。

ネットの口コミ・反応はいかがなものでしょうか?

みていきましょう。

バンドー太郎が闇営業の仲介者で謝罪!

タレントのバンドー太郎が30日、都内で会見を開き、吉本興業所属のスリムクラブと2700に対し、反社会的勢力の会合に事務所を通さない“闇営業(直営業)”を仲介したことを謝罪した。2組とは直接交渉し、「事務所を通さない」「10万円のギャラ」で交渉成立していたことも明かした。

黒いスーツ姿のバンドーは、事前に用意した書面(手紙)を読み上げる形で、「今回は最初から知っていたわけではなかったのですが、結果的にこのようなことになってしまい、2700、スリムクラブ、ご家族の方々、関係者の方々にご迷惑をおかけしてしまい申し訳ありませんでした」と謝罪した。

経緯としては、「何年か前に」知り合ったという建築会社社長に、「実の兄の誕生パーティーがある」ので、自身以外に「有名な方」を呼んで「盛り上げていただけないか」と依頼され、以前に知り合っていたスリムら2組に連絡をしたという。

この際、2組とギャラについてのやり取りもあったことを認め、「その時のギャラが30万でしたので、『事務所を通さないで大丈夫か』と。(それぞれ)『10万のギャラで大丈夫か』ということを確認したところ、『はい』との返答でしたので、来ていただきました」と明かした。

ただ、相手方の職業については「飲食店経営のオーナー」と聞かされていたとし、「報道を見て、(相手が)反社会的勢力の方と気付いた」と主張。「2700、スリムクラブの方々が知らなかったというのは事実です」と説明した。身なりなどでも「一般の方と変わらない普通の身なりだったので、全く気付くことができませんでした」とした。

それらの上で、「事務所を通さないで2組に話を振ってしまった。相手を信用して安易に仕事を受けてしまった」として重ねて謝罪した。

スリムクラブらは2016年、バンドーの仲介で指定暴力団稲川会幹部の誕生会に参加。今月27日に吉本興業から無期限謹慎処分を受けた。

バンドー太郎の謝罪に対する口コミ・反応は?

バンドー太郎を初めて観たけど何だろう、この人から発信する気持ちの悪いオーラ。 この会見は売名にはなりません。何故と言えば、どこのメディアも営業会社も貴方を使わないから
自分できっかけを作って、他者を巻き込んでるのに「自分も被害者」強調する思考回路。
落ち度も測れない、謝り方も知らない48歳は年齢半分の自分から見てもあり得ない。 最近ツイッターのっとられて、危険DMを送ってきた人も同じ類。社会性のない人はきつい。

バンドー太郎のギャラは10万円

ヤクザとは知らず30万を建設会社の社長から貰って、スリムクラブと2700とバンドー太郎で10万ずつ分けたとかそんな話やろう。その計算でいくとコンビの2組は10万を2人で割って5万ずつ。仲介のバンドー太郎だけが10万で1番儲かったいう話なるでな。
スポンサーサイト