雑学

2019年6月10日は夢の日!自分の夢について真剣に考えてみよう

2019年6月10日は夢の日!自分の夢について真剣に考えてみよう
キテネ
キテネ
こんにちは!

6月10日は何の日か知っていますか?

実は夢の日なんです。

今回は夢の日の意味や過ごし方についてご紹介しますね。

2019年6月10日は夢の日

夢の日ってどんな日なんでしょうか?

詳しく見ていきましょう。

夢の日とは?

夢の実現に協力してくれた人に感謝して、自分の夢について考える日を夢の日といいます。

六(む)十(じゅう)と「むちゅう」(夢中)の語呂合せが語源です。

また「叶」の字に十が含まれていますよね。

夢の日は香川県直島に住む女性が制定しました。

自分の夢について真剣に考えてみよう

夢がある人は6月10日を感謝の日にするといいですね!

たとえば日頃お世話になっている人や、協力・応援してくれる人に対して感謝をする。

普段感謝の気持ちを忘れがちな人は、この機会に言葉を贈ったり、お礼をしたりするのもいいかもしれません。

また、夢について改めて考え直すことも大切です。

夢を叶えるために大切な3つのこと

ここでは夢を叶えるために大切な3つのことをご紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

夢を明確にする

何を目指しているか分からない状態では、叶えようがありませんよね。

夢を叶えている自分の状態を具体的にしていきましょう。

イメージシミュレーションをしたり、妄想したりするのも大事ですが、一番効果的なのが髪に書くことです。

脳内にある情報を紙に出すことで、頭も整理されてより客観的に自分の夢が見えてきます。

まずは夢を明確にすることから始めていきましょう!

もちろん夢なんてなくてもいい人が無理やり夢を持つ必要はないです。

キテネ
キテネ
気楽にいこう。
  • 夢を明確にする
  • そのために紙に書きだす

 

計画を立てる

夢が明確になったところで、次は計画を立てていきましょう。

現在地と理想地をつなぐ橋がないと、渡れませんよね。

計画は夢を叶えるうえで橋の役割を果たします。

最初はざっくりでいいので、立ててみましょう。

もちろんあとからどんどん変更してOKです。

むしろ変更するために計画を立てるぐらいの考え方でちょうどいいかもしれませんね。

  • 計画は現在地とゴールをつなぐ橋の役割
  • 計画は変更するために立てるぐらいでちょうどいい

 

行動する

夢を叶えるうえで、一番大切なことが行動です。

どれだけ夢を明確にしても、綿密に計画を立てても、行動しなければ何も変わりません。

そういう意味では、一番大切なことと言えるのではないでしょうか。

また、今は夢が思いつかない人も行動することをオススメします。

なぜならば行動することによって、視野が広がっていろんなことに興味を持つようになるからです。

その結果、今まで見えなかった世界が見えるようになり、夢ができるということですね。

行動すれば必ず道が開けるので、失敗を恐れずどんどん行動していきましょう!

  • 行動しないと何も変わらない
  • 行動だけが人生を変える

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は夢を叶えるための3つのポイントをお伝えしました。

ぜひ6月10日の夢の日を、自分の夢と向き合う時間に使ってみてくださいね。

そして日頃から協力・応援してくれる人にも感謝をしてみましょう。

キテネ
キテネ
今日はこのへんで。

またキテネ☆