エンタメ

京王線ジョーカーの犯行理由は?

京王線事件の犯行理由

京王線で起きた無差別刺傷事件ですが、犯行理由は何だったのでしょうか。

口コミといっしょにみていきましょう。

京王線刺傷事件

2021年10月31日、京王線の電車内で乗客が切りつけられるなどした事件。
有名映画の悪役“ジョーカー”の仮装をして犯行に及んだ。

 

1人が重体、16人がケガ。凶器は、刃渡り約30センチのサバイバルナイフ。そして、ライターオイルとみられる液体。

京王線刺傷事件の供述は?

「人をいっぱい殺すなら東京がいいと思った」
「ハロウィーンだから電車に人が多くいると思った。」
「京王線は上りのほうが人が多く走行時間が長いから逃げられないと思い特急を選んだ」
「雑踏より(電車のほうが)確実に殺せると思った。殺せなくて悔しい」
「人を殺して死刑になりたかった」

京王線刺傷事件の犯行理由は?

犯罪心理学の専門家によるとこういう事件を起こす人間は、そもそも社会に対して不満を持っている人間が多い。自分を評価してくれないとか、自分が正当に評価されていない。そういう不満を、一気に社会の中で晴らしていこうとする。

服部容疑者は「仕事で失敗をした。友人関係がうまくいかなかったので死にたいと思った。6月から大量殺人をしようと思った」と供述しています。

京王線事件の口コミ

女性
女性
京王線のやつめっちゃ怖いんだけど電車内の動画で1番最後に走ってくるサラリーマンよくみると動画の最初からドアの横にいて全員来たの見てからドア閉めて走ってきてて本物のヒーローだと思ってしまった 給料上げてあげて
男性
男性
昨日の京王線動画、最後くるサラリーマンがドア手前に座って何してるのか気になってたけど、ドアが閉まると逃げれない人の為に開けてあげてて、全員逃げたらドア閉めようとしてたのね。 テレビで注目されてないけど本当にすごい

最後に逃げたサラリーマンがかっこいいと話題になっていますね。
こういう不測の事態のときに人間性が出ますね。

【無料】好きなドラマ・映画を観る方法!
ドラマ・映画を観る方法

無料で映画・ドラマを観る方法があった!

合法なの?

本当に0円?

詳しくはこちらのページをどうぞ♪

 

スポンサーサイト