エンタメ

西郷輝彦の現在は?がんは完治した?ドラマノーサイドゲームに出演!

西郷輝彦の現在

歌手・俳優・タレントでもある西郷輝彦が連ドラのノーサイドゲームに出演します。

過去にがんを患っておりましたが、出演は大丈夫なのでしょうか?

調べてみました。

西郷輝彦が現在ノーサイドゲームに出演!

俳優の西郷輝彦(72)が、7月スタートのTBS日曜劇場「ノーサイド・ゲーム」(日曜後9・00)に社長役で出演する。

幹部候補から一転して工場に飛ばされたサラリーマンが、ラグビー部のGMとして再起をかける物語。西郷は主人公・君嶋(大泉洋)が務める自動車メーカーの社長役。大のラグビー好きで、ラグビー部の創設者でもある。君嶋の味方となるのか、気になる人物だ。

原作は「半沢直樹」で知られる池井戸潤氏の新作で、西郷は「先生の新作に出演できるとは夢にも思いませんでした。最高です!」と大喜びしている。

17年11月に前立腺がんを公表後、連ドラにレギュラー出演するのは初。芸能生活55周年イヤー中ということもあり、気合十分に撮影に臨んでいる。

「どてらい男」や「江戸を斬る」など数多くのドラマで活躍してきた西郷。TBSの看板枠・日曜劇場への出演は95年の「輝け隣太郎」以来、24年ぶりだ。「胸のうちに熱さを秘めて、若い連中と作り上げていきたい」と、撮影現場で充実した毎日を送っている。

西郷輝彦のがんは大丈夫?


2017年11月に前立腺がんを公表していますね。

前立腺がんとは?

前立腺の細胞が何らかの原因で無秩序に増殖を繰り返す疾患。

男性のがん罹患(りかん)率で上位に位置し、特に65歳以上に多い。早期発見すれば治癒することが可能。近くのリンパ節や骨に転移することが多い。比較的進行がゆっくりで、寿命に影響を及ぼさないと考えられる前立腺がんもある。

 

スポンサーサイト