エンタメ

舟津大地の出演ドラマ!今日から俺は!インスタやツイッターは?

舟津大地の出演ドラマ!今日から俺は!インスタやツイッターは?

大人気ドラマあなたの番です第18話から出演の舟津大地さん。

実は他にも「今日から俺は」や「青空エール」などの大人気作にも出演していたことがわかりました。

また、演劇や舞台にも!

そんな彼の正体・素性を調べてみましたのでさっそくみていきましょう。

舟津大地のwiki風プロフィール

名前:舟津 大地(ふなつ だいち)

生年月日:1992年6月8日

職業:日本の俳優。

出身地:福岡県出身。

所属事務所:パワープレイプロモーション。

以前はアトリエ・ヴィサージュ→TISエンタテイメントに所属していたが移籍。

特技:野球。

舟津大地のお姉さんが美人

舟津大地出演「あなたの番です」

⇒舟津大地があなたの番です第18話から登場!何役?早川教授との噂も

舟津大地出演「今日から俺は」

第4話の明久役で出演しています。

舟津大地出演映画「青空エール」

 

この投稿をInstagramで見る

 

#青空エール 2016.08.20公開 126分ロマンス 評価★★★☆☆3.7点 #評価3テン5以上4未満映画 #評価3テン5以上4未満ロマンス映画 映画解説・あらすじ 『高校デビュー』『俺物語!!』の原作者・河原和音による人気コミックを、『アオハライド』などの三木孝浩監督が映画化した青春ドラマ。初心者ながら吹奏楽の名門校に入学した女子高生と、同級生の野球部員が互いへの気持ちを胸に、共に励まし合いながら甲子園を目指す姿を描く。主演を『orange-オレンジ-』などの土屋太鳳が務めるほか、『仮面ライダードライブ』シリーズなどの竹内涼真、NHK連続テレビ小説「まれ」で土屋演じるヒロインの弟を演じた葉山奨之が顔をそろえる。 甲子園のスタンドで野球部の応援にいそしむ吹奏楽部にほれ込み、名門・白翔高校に入学した小野つばさ(土屋太鳳)は、野球部の山田大介(竹内涼真)と出会う。互いに甲子園を目標に頑張ろうと約束を交わすが、トランペット初心者のつばさはなかなかうまくいかず、くじけることもしばしば。そんな彼女を励まし、同じクラスでもある大介にいつしか惹(ひ)かれていくつばさだったが……。 出演 #土屋太鳳 #竹内涼真 #葉山奨之 #堀井新太 #小島藤子 #松井愛莉 #松本穂香 #渡辺佑太朗 #福山翔大 #舟津大地 #平祐奈 #山田裕貴 #映画好きな人と繋がりたい #フォロー返します #フォローバック #フォローします #映画#movies#movie

Movie informationさん(@movie_info2000)がシェアした投稿 –

舟津大地映画「野球部員、演劇の舞台に立つ」で松永亮太役

女性
女性
舞台挨拶見ました!とてもいい映画なので沢山広がるといいですね!

舟津大地舞台「ヨビコー」

 

この投稿をInstagramで見る

 

#舞台 #ヨビコー #ソワレ の #ゲスト の#小野賢章 さん。 と#従兄弟 の#舟津大地

上田 堪大さん(@kandai_1021)がシェアした投稿 –

舟津大地舞台「兵器日記タドル」

 

この投稿をInstagramで見る

 

#舞台 #兵隊日記タドル 観に行ってきました! #おすすめ ですぞ!!! #タドル #舟津大地

上田 堪大さん(@kandai_1021)がシェアした投稿 –

舟津大地舞台「オサエロ」

 

この投稿をInstagramで見る

 

#オサエロ 昨日無事に終演致しました。お忙しい中御来場頂いた方含め応援して頂いた方々に深くお礼申し上げます。 いやあ、なんだろう。こんなに毎日感極まってしまった1ヶ月間は産まれて初めての経験だった。 実際に特攻していった方。友人。家族。恋人。。 この方々を演じるってゆうのは本当に生半可な気持ちで出来る事ではありませんでした。稽古中のある日には楽しく盛り上がるシーンでさえ哀しくてどうしようもなくなる事がありました。本当に本当に今甘く緩く生きている事を実感しました。それが1日3公演したりってもう心が持ちませんって。皆必死ですよ毎日が笑 役者的な事でいえば、こうゆう舞台での芝居って改めて信頼の上で成り立つ物なんだと気付かされました。 相手をどれだけ信頼出来るか。どれだけ信頼されるか。愛せるか。愛されるか。どれだけその役の気持ちを考えられるか。相手の気持ちを考えられるか。言ってしまえば演技が上手くたって下手だってここの気持ちが強ければ凄く良い芝居が出来るんだなって。だからこそ稽古以外での場がどれだけ大切なのかって。 演技の才能のかけらもない上に人を愛す事をあまり人生でしてこなくあげく愛される事も少なかった自分にとって、ここを考えられるようになってちゃんと愛そう愛されようと少しでも出来たこの期間は役者の自分にとって本当に良い経験でした。 そして、実際に特別攻撃隊という方々が居て、国の未来の為に家族の未来の為に愛する人の未来の為に突撃して征ったという事実を忘れないでください。哀れだなんて言わないでください。決して突撃したくてした人なんて居ないという事を忘れないでください。今の我々が幸せに暮らせてるのも彼らのお陰だという事を忘れないでください。 自分にも言い聞かせます。 改めまして、特別攻撃隊を伝えれる事を誇りに思います。この作品に関われた事を誇りに思います。ありがとうございました。 #これからもよろしくお願い致します #松澤和輝

松澤 和輝さん(@matsuzawakazuki)がシェアした投稿 –

舟津大地は林遺都とも仲良し?

僕が俳優になる前から仲が良くて、10年越しで初めてお仕事ができて嬉しかったです。いざ現場で会ったらお互いに恥ずかしかったですけど(笑)。でも本当にいろいろと学ばせてもらいました。監督やスタッフから、芝居についての意見があって悩んでいたときに、「全部無視しろ、演じて生まれてきた感情が正しいから、お前のやっていることは間違ってない」と言ってくださって、すごく救われました。ただ、アドリブを結構ぶちこまれましたね。上半身裸になったときに叩かれたり、腹式呼吸で苦しいときにセリフを伸ばしてきたり。とはいえ楽しかったですし、それらが全部本編で使われているのが凄い(笑)。

スポンサーサイト