雑学

福岡から大阪へ格安で旅行する方法は?【まさかの半額!?】

福岡から大阪へ格安で行く方法
キテネ
キテネ
こんにちは!

福岡から大阪へ格安で行く方法をご紹介します。

結論はトク得!ひかり・こだまのプランが格安です!

さっそく詳細を見ていきましょう。

福岡から大阪へ格安で行く方法

料金を抑えるなら、新幹線のトク得!ひかり・こだまがおススメです。

メリットとデメリットをお伝えします。

トク得!ひかり・こだまのメリット

  • 安い
  • クーポンがもらえる

 

安い

新大阪⇔博多が6900円です。

新大阪⇔小倉は6300円ですね。

正規料金で行くと、自由席で14480円です。

キテネ
キテネ
2倍以上も料金が違うね!

クーポンがもらえる

博多駅・小倉駅構内で利用できるクーポンがついてきます。

片道につき、200円です。

往復だと400円分ですね。

トク得!ひかり・こだまのデメリット

  • 乗車時間が長い
  • 便が限られている

 

乗車時間が長い

便にもよりますが、4~5時間ほど乗車します。

寝ておけばいいのですが、長時間の乗車が嫌な方は他を探した方がいいかもです。

とはいえ料金が格安なので、料金を抑えたい人にはおススメですね。

便が限られている

チケットを購入して、その便しか乗れませんので、乗り遅れ注意です。

また一日に発車する便も少ないので、スケジュールを合わせられる人向けです。

バリ得こだまとは違うの?

違います。

バリ得こだまは日本旅行が出しているプランですね。

いっぽうトク得!ひかり・こだまのプランはJTBです。こちらの方が安いですが、情報が変わる可能性もあるので、予約前に比較してみてくださいね!

料金

トク得!ひかり・こだまの料金は格安ですが、さらに安くする裏技があります。

それはJTB九州ではなく、、、JTB関西で予約することです!

JTB関西とJTB九州で料金がちがう?

JTB関西 トク得!ひかり・こだま
JTB九州 ひかり・こだまでGo!Go!

JTB関西で予約した方が、往復1400円ほど安くなります。

 

選べる支払方法

以下より選べます。

  • クレジットカード
  • 銀行振込
  • Amazon Pay

入金確認後、チケットが届きます。

JTB関西で予約するときの注意点

福岡発の場合、往復分をまとめて予約が取れないので、片道ずつ予約しましょう。

往復分の予約をまとめて取れない理由:JTB関西で予約すると、往路が関西になるためです。

また、JTBは会員登録できますが、このトク得ひかりこだまプランに関しては、会員登録していても前回の個人情報などは反映できません。つまり、チケット予約・購入の度に個人情報の入力が必要になります。

それが面倒な人はJTBに直接電話をすると、受付の方が電話でそのまま予約をしてくれます。忙しいので電話は繋がりづらいですが…

乗車場所とスケジュール

キテネ
キテネ
ぼくが予約したときのスケジュール感はこんな感じだったよ。

こだま(福岡⇒大阪)の場合

往路:こだま730便

6:42 博多発
6:59 小倉発
10:32 姫路着
10:49 西明石着
10:59 新神戸着
11:13 新大阪着

復路:こだま731便

6:59 新大阪発
7:13 新神戸発
7:22 西明石発
7:40 姫路発
10:57 小倉着
11:15 博多着

ひかり(福岡⇒大阪)の場合

往路:ひかり442便

6:20 博多発
6:38 小倉発
9:24 姫路着
9:42 西明石着
9:59 新神戸着
10:13 新大阪着

復路:ひかり441便

6:03 新大阪発
6:16 新神戸発
6:26 西明石発
6:37 姫路発
9:05 小倉着
9:23 博多着
キテネ
キテネ
こだまより、ひかりの方が早いね。だけどその分、便は少ないんだ。

詳しい乗車時間はトク得!ひかり・こだまを参考にしてみてね。

まとめ

福岡から大阪へ行くのは新幹線のトク得!ひかり・こだまが格安です。

最低でも1週間前には予約しておきましょう!そうしないとネットで予約できなくなったり、チケットが出発までに間に合わなくなったり、席が埋まっていたりするので。

キテネ
キテネ

大阪へ行った後は、たこ焼きでも食べて楽しんできてくださいね。

それではまたキテネ☆

スポンサーサイト