スポーツ

吉田沙保里の撮影者は誰?画像や写真・他の作品などを一挙ご紹介!!

吉田沙保里の撮影者は誰?画像や写真・他の作品などを一挙ご紹介!!

吉田沙保里がキレイな下着モデルで撮影されていると話題になっていますね!

撮影した人は誰でしょうか?ほかにどんな作品があるのでしょうか?

情報を集めてみました。

結論は下村一喜という世界的に有名なフォトグラファーの方です。

吉田沙保里がキレイと話題に!下着モデルになった元レスラー

元女子レスリング日本代表の吉田沙保里(36)が、ワコールのインナーウェアブランド『Date.』(デイト) の「シンクロブラ」モデルに起用され、人生初となる下着モデルの撮影にチャレンジした。撮影を終えた吉田は「試合とは違った緊張感がありましたが“最強の1枚”となりました」と手応えを語っている。

【動画】吉田沙保里、下着モデルに初挑戦

吉田は、現役引退後、指導者やパーソナリティ、タレントなどさまざまな分野に幅広くチャレンジし、自身の可能性を広げている。その姿が『Date.』のブランドコンセプト“女を楽しむ”に重なり、新たな挑戦の一つとして、下着モデルに挑んだ。

同社は、今回の起用が多くの女性にとって、自分らしく“女を楽しむ”ことにチャレンジする後押しになればと考えており、『Date.』のビジュアルでは、普段の吉田のイメージとは少し異なる姿を、世界的に活躍するフォトグラファーの下村一喜氏が撮影した。

「下着モデルのお話をいただいた時、正直とても驚きました」という吉田。それでも「現役引退後は新しいチャレンジをしていこうと思っていたので、思い切って決断しました」との思いを明かし「レスリング現役引退後、最大のチャレンジです。撮影では、世界的にも有名なフォトグラファーの下村一喜さんに撮影いただき、試合とは違った緊張感がありましたが“最強の1枚”となりました」と力を込めている。

撮影では、カメラマンやスタッフとどのような写真に 仕上げていきたいか打ち合わせを入念に行い、スチール撮影に挑んだ。 撮影終了後には吉田は「楽しく撮影を終えることができてよかったです!」と達成感。ムービーの撮影中は、監督とコミュニケーションを積極的にとり、細かい段取りを自ら確認。周りのスタッフと楽しそうに話しながら撮影を行い、カメラの回っていないところでも、商品の色やデザインについて会話するなど、真剣に取り組んでいた。

ノンワイヤーでラクなのにズレにくい「シンクロブラ」の特長を、吉田の「やりたいことにまっすぐ向き合う生き方」に重ねあわせ、“ズレない私で、いこう。”というキャッチコピーで発信しいく。きょう7月2日より、吉田がモデルとして『Date.』の公式サイトをはじめ、店頭やパンフレットなどに登場する。

吉田は、1982年10月5日生まれ。三重県出身。三重県立久居高等学校から中京女子大学(現・至学館大学)卒。父・栄勝さんが自宅の道場で開く一志ジュニア教室で3歳からレスリングを始め、幼少から各世代大会を制する。

2002年世界選手権に初出場初優勝し、15年大会まで13連覇。五輪では04年アテネ大会から12年ロンドン大会まで3連覇。12年に五輪と世界選手権を合わせ、世界大会13連覇を達成し、国民栄誉賞を受賞した。16年リオデジャネイロ五輪銀メダル。世界大会16連覇、個人戦では206連勝。19年1月、33年間の現役生活に区切りをつけ、引退を表明した。

吉田沙保里を撮影した人は誰?


フォトグラファーの下村一喜という世界的に有名なフォトグラファーですね!

フォトグラファーの下村一喜の作品集

スポンサーサイト