エンタメ

ロンブー田村亮が転職で介護士!勉強始めていた?芸人やめる真相は?

ロンブー田村亮が転職で介護士!勉強始めていた?芸人やめる真相は?

闇営業で問題となったロンブーの田村亮が介護士に転職すると話題になっています。

亮は芸能界を辞めて本当に介護士になるのでしょうか?

真相が気になるので情報を集めてみました。

さっそくみていきましょう。

ロンブー田村亮が転職で介護士!

自身の不祥事により、芸能活動を休止しているロンドンブーツ1号2号の田村亮が7月25日、女性自身(光文社)の直撃取材を受けた。

女性自身によると、亮は現在、東京都内にある介護付き老人ホームの協力を受けて、「介護の勉強を開始している」と記者に語っており、取材を受けたこの日も、老人ホームから帰宅途中だったという。

亮は「お世話になっている施設に迷惑がかかる」ということで、多くは語らなかったが、関係者の間では「今後、亮は芸能界を引退し介護の仕事をするのではないか」との憶測が飛び交っている。

この報道に対し、ネットでは「もう芸能界戻ってくる気ないのかな」「性格も穏やかだし向いているのではないか?」「素直に応援したい」との声が相次いでいる。

亮といえば、相方の田村淳が記者会見の時に触れたように、「正直で真っ直ぐ」な性格が知られている。今回の介護の勉強も「困っている人の力になりたい」という真っ直ぐな気持ちが原動力になっている可能性は高い。

亮は介護士の勉強始めていた?

 

この投稿をInstagramで見る

 

最近の会見を見て、とても好きになった方。 人間らしくて、優しい心と言葉だった。 またテレビで観たいです。 #田村亮

けけすけさん(@kekeism17)がシェアした投稿 –

“渦中の男”が現れたのは、なんと東京都内にある介護付き高級老人ホーム。「ご家族が入居されているのでしょうか?」などと、問いかける記者に彼がポツリポツリと答えたのは意外な内容だった。

 

「……いろいろお騒がせして申し訳ございません。いや、特に家族の誰かが入居していて、お見舞いに来たということじゃないんです。実は、こちらの施設には僕の“勉強”に協力していただいていて……」

 

――勉強ですか?

 

「はい、老人介護のことを勉強させていただいています。こちらにもご迷惑がかかるので詳しいことは言えないのですが……」

 

反社会的勢力の会合に出席し、ギャラを受け取ったとして、吉本興業から謹慎処分を受けている亮。涙を流しながら謝罪したものの、仕事復帰のめどはまったく見えていない。その彼が選んだのが、“介護士への道”だというのか?

 

この選択について芸能リポーターの城下尊之さんは次のように語る。

 

「大きな過ちを犯してしまった亮ですが、以前は真面目で素直な性格で知られていました。その彼が罪を償うために選んだのが介護の勉強だったのでしょう。とても彼らしい選択のように思います。介護福祉士の資格の取得まで視野に入れているかはわかりませんが、今後は芸人復帰を目指しながら、自らの発信力をつかって、介護の大切さを訴えていくことも考えているのかもしれませんね」

 

宮迫と亮の会見の翌々日には、2人にパワハラ発言を暴露された吉本興業・岡本昭彦社長(53)の会見が急きょ開かれ、さらにその会見に対する批判が巻き起こったりと、騒動は拡大し続けてきた。

 

――いまの亮さんのお気持ちをお聞かせください。

 

「本当に(騒動が)大きくなってしまって申し訳ありません。そのことをいちばん痛感しています」

 

――加藤浩次さん(50)や、たくさんの先輩方が心配してくださっていますよね?

 

「……加藤さんにはずっとお世話になっているのに、ご迷惑をかけて申し訳なく思っています。本当に加藤さん、スミマセン!」

 

加藤の名前を聞いたとたん、涙ぐみ始めた亮。彼は加藤への謝罪の言葉を口にしながら車に乗り込み、その場を立ち去った。

ロンブー亮の転職に世間の反応は?

女性
女性
ザブングルの2人も 介護現場で一生懸命頑張ってるし ロンブー介護の勉強を始めるらしい。 今回、不祥事による 禊な感じが 非常に大きいけども 介護で感じたことを 今後のお笑いの活動に 活かしてもらえたら いいなって思います。
女性
女性
介護の仕事をしている方々の心の広さと、思いやりの深さと、愛溢れる接し方を勉強してこい

ところが、亮を応援する声が相次ぐ一方、ネットでは厳しい意見もある。

「不祥事の贖罪として介護の世界の来られても」「芸能界復帰のためのアピールのようにも見える」との声のほか、髪の色も自身のトレードマークの金髪そのままであったため、「介護の仕事なら高齢者に合わせた身だしなみも大事なのでは?」との批判もあるという。

芸能人と「介護の仕事」と言えば、歌手の酒井法子が2009年に覚せい剤締法違反(所持)で逮捕。翌年には「芸能界を引退し介護の仕事をしたい」と発言。翌年には創造学園大学(2013年廃校)に入学し、介護士および音楽療法士の資格を取得するため、介護の仕事に携わるための準備をしていた。

しかしながら、結局酒井は介護士にはならず、事件から3年後の2012年には芸能活動を再開。あれだけ話題に出していた介護の仕事は、結局一度も勤めることなく、現在に至っている。

酒井の一件もあり、ネットでは今回のロンブー亮の語る「介護の勉強」は、「ただのアピールなのでは?」という懐疑的な見方をされており、「本当に信用できるのか?」と非難の的になっているようだ。

「反社会的勢力から金銭は受け取っていない」とのウソ発言が、吉本興業全体のお家騒動に発展した亮だけに、今度こそウソ偽りのない発言が求められる所だが……。

スポンサーサイト